未分類

海外「日本語にこんな秘密が…」 日本人に避けられる不吉な数字の存在が話題に

海外「日本語にこんな秘密が…」 日本人に避けられる不吉な数字の存在が話題に

不吉なものであるとして忌避される数、忌み数。
洋の東西を問わず存在し、漢字圏では4が、西洋では13がよく知られています。

翻訳元では、日本の代表的な忌み数である4と9を取り上げ、
その理由と社会におけるその影響が紹介されています。

概要は以下

・日本では4と9は不吉な数字と考えられている

・4の場合、漢字の四(し)は「死」と同音(類字音)であるためで、
 病院や一部のホテルでは、4階が存在しない。
 部屋番号でも4や、40から49までがないケースがしばしばある。
 お皿やカップなどのセットをギフトとして人に贈る際には、
 通常4の数よりも3、あるいは5の数が選ばれる。
 日本でギフトを贈る際には4の数にならないように注意しよう。

・9の場合、漢字の九の音読みが「苦」と同音(類似音)になるためである。

そして最後におまけ的に、西洋では13が不吉な数字とされているが、
日本での忌み数である4と9を足すと13になる点が指摘されています。

日本にも忌み数が存在することは大変興味深い事実だったようで、
多くの外国人から驚きの声が寄せられていました。

海外「さすがにナンセンス」 日本人の血液型信仰に外国人はビックリ

unluckynumber.jpg

-未分類

​​
×
​​​ アムロジン